咽頭の病気

  • ホーム
  • 病気について / 咽頭の病気

咽頭の病気

口腔・咽頭の構造

写真1:正常な口腔、咽頭の構造

写真1:正常な口腔、咽頭の構造

口腔:
歯、舌(矢印①)、唾液腺、硬口蓋(こうこうがい)などがあります。
咽頭:
上・中・下咽頭に分けられ、口蓋扁桃(矢印②)、軟口蓋(なんこうがい)(矢印③) などがあります(写真1)。

口腔・咽頭の働き

口腔・咽頭の機能には、味覚、そしゃく機能、嚥下機能があります。

味覚:
舌の後方にある味蕾(みらい・味覚の受容器)で各種の味を感じます。
そしゃく機能:
食物を細かく噛み砕くことをいいます。
嚥下機能:
噛み砕かれた食物を唾液で飲み込みやすいようにして、下咽頭まで送ります。

急性扁桃炎

口腔・咽頭の機能には、味覚、そしゃく機能、嚥下機能があります。

症状:
咽頭痛、発熱、頸部リンパ節腫脹など。
原因:
小児や青年期に多く、気候の変動、風邪などから口蓋扁桃に細菌感染したものをいいます。
治療:
発熱時は安静にし、抗菌剤の内服や点滴など、手術によらない治療を行います。 感染初期は扁桃が赤く腫れあがり、続いて膿栓ができます。(写真2)
写真2:矢印は膿栓を示します。

写真2:矢印は膿栓を示します。


扁桃周囲炎・膿腫

写真3:膿瘍ができ著しく腫脹

写真3:膿瘍ができ
著しく腫脹 (矢印)

症状:
咽頭の激痛、発熱、嚥下障害など。
原因:
20~30歳代に多く、急性扁桃炎に引き続いて発症し、炎症が周囲にひろがったものを扁桃周囲炎、さらに膿瘍ができたものを扁桃周囲膿瘍(写真3)といいます。
治療:
抗菌剤、鎮痛剤などの内服投与や点滴治療を行います。扁桃周囲膿瘍の場合には針や切開による膿の除去も行います。

伝染性単核症

写真4:膿栓が多数、付着しています。(矢印)

写真4:膿栓が多数、
付着しています。 (矢印)

症状:
咽頭痛、発熱、全身倦怠感など。
原因:
EBウイルスが口蓋扁桃、咽頭扁桃などに感染し、頸部リンパ節腫脹や肝脾腫を引き起こします(写真4)。
診断:
急性扁桃炎に比べ発熱が軽度で、発症からの経過が長い場合は、伝染性単核症が疑われます。EBウイルス抗体価の上昇などで診断します。
治療:
安静、対症療法でほとんど治りますが、鎮痛解熱剤やステロイド剤を投与することもあります。

ラジオ出演情報

舌下免疫治療法について

〒670-0948 兵庫県姫路市北条宮の町375-1 TEL:079-224-3257 FAX:079-224-3283
診察時間
午前9:00~12:30午後15:00~18:30土曜9:00~12:00 14:00~17:00※土曜午後は手術・検査のみ
休診日
水曜日・日曜日・祝日

日曜日 アンチエイジング診療に限る