耳の病気

  • ホーム
  • 病気について / 耳の病気

耳の病気

耳の構造

耳は外耳、中耳、内耳の3部分に分けられます。

外耳:
耳介、外耳道などがあります。
中耳:
鼓膜、こしつ鼓室(中耳腔)、じしょうこつ耳小骨(音を伝える骨)、じかん耳管(気圧調節を行う管で鼻腔に繋がる)などがあります。
内耳:
かぎゅう蝸牛、はんきかん半規管などがあります。
耳の構造

耳の働き

耳の働きには聴覚(きこえの機能)、平衡覚(バランスの機能)があります。

聴覚:
音は外耳道→鼓膜→耳小骨→蝸牛→聴神経へと伝わります。
平衡覚:
半規管、前庭神経(平衡神経)が担っています。

正常な鼓膜

写真1:正常な鼓膜。

写真1:正常な鼓膜。
半透明な鼓膜(矢印)を通して鼓室が透視できます。

正常な鼓膜は外耳道と鼓室の間にある楕円形の膜で、成人で大きさは約9.0mm、厚さは0.1mmです(写真1)。


滲出性(しんしゅつせい)中耳炎

症状:
耳閉塞感、難聴、耳鳴など。
原因:
小児に多く、鼻炎、副鼻腔炎、アデノイド肥大等が原因で起こります。 耳管による鼓室の気圧調節ができなくなり、粘膜から液体(滲出液)がにじみ出てくる状態をいいます(写真・図2)。
治療:
鼻の治療と並行して、通気(鼓室に空気を入れ滲出液を減らす)治療を行います。長期化した場合(写真3)は、鼓膜切開や鼓膜チューブ挿入術を行います。
写真・図2:早期滲出性中耳炎の鼓膜< 写真・図2:早期滲出性中耳炎の鼓膜<

写真・図2:早期滲出性中耳炎の鼓膜
矢印(→):淡黄色の滲出液が溜まっています。

写真3:晩期滲出性中耳炎

写真3:晩期滲出性中耳炎
矢印(→):滲出液の粘性が増し、
色調が暗黒色となります。


急性中耳炎

写真4:急性中耳炎の鼓膜。

写真4:急性中耳炎の鼓膜。
矢印:鼓室に膿が溜まり、鼓膜が 膨隆しています。

症状:
耳痛、耳漏、難聴、発熱など
原因:
小児に多い中耳の感染症で、鼻かぜから細菌が耳管経由で鼓室に入り、膿が溜まります(写真4)。
治療:
安静にし、耳痛については、局所の冷却や鎮痛剤で対処しますが、膿を除去する目的で鼓膜切開を行うこともあります。 図4 急性中耳炎の鼓膜

慢性中耳炎

症状:
耳漏(耳だれ)、難聴、耳鳴など。
原因:
急性中耳炎後に耳漏が続き、鼓膜の穿孔(穴)が残ったものをいいます。
治療:
一般的には、抗菌剤の内服、外用(点耳)などの手術を伴わない治療を行います。難聴が悪化したり、耳漏が持続する、などの場合には手術を行います。小穿孔で中程度難聴の場合、鼓膜形成手術(日帰り手術)が可能ですが(写真5)、大穿孔で高度難聴の場合鼓室形成術(入院手術)が必要です(写真6)。

写真5:小穿孔例

写真5:小穿孔例
日帰り手術が可能です。

写真6:大穿孔例

写真6:大穿孔例
入院手術が必要です。


慢性真珠腫性(しんじゅしゅせい)中耳炎

症状:
耳漏(耳だれ)、難聴、耳痛など
原因:
鼓室で上皮(皮膚同様の細胞)が増殖し、あたかも真珠塊のようになる良性の病気です。先天性(写真7)と後天性(写真8)の真珠腫があり、後天性のものは、鼓室の陰圧化→鼓膜の陥凹(かんおう)→鼓室への上皮進展→真珠腫形成、といわれています。

治療:
軽症例では、抗菌剤の内服、外用(点耳)などで手術を伴わない治療を行います。一般には骨の破壊、進展を伴なうため、鼓室形成術(入院手術)が必要です。

写真7:先天性真珠腫

写真7:先天性真珠腫
矢印(→):白色の真珠腫を透視できます。

写真8:後天性真珠腫

写真8:後天性真珠腫
矢印(→):真珠腫による鼓膜穿孔と骨欠損が見られます。


ラジオ出演情報

舌下免疫治療法について

〒670-0948 兵庫県姫路市北条宮の町375-1 TEL:079-224-3257 FAX:079-224-3283
診察時間
午前9:00~12:30午後15:00~18:30土曜9:00~12:00 14:00~17:00※土曜午後は手術・検査のみ
休診日
水曜日・日曜日・祝日

日曜日 アンチエイジング診療に限る